No More Retake

3DCG屋さん向けTips&Referenceサイト

メニュー

Linux:Linux Mint18.3 sylviaインストール

OSをLinuxに移行しようかな、と思い立って。

LinuxディストリビューションはCentOS、Ubuntu、Linux Mintの3つで悩んで、結局Linux Mintを選択しました。
マシンは中古のDELL T7600に、グラボGTX 1080tiを載せ替たもの・・・高かった。

さてLinuxでnvidiaのグラボを使うと、「起動しない」とか「画面が真っ暗」とかあるそうで、私ももれなくハマりました。

以下、行ったインストールの手順。

1:LinuxMintのisoをダウンロード

公式ページからダウンロード可能。2GBくらい。

https://www.linuxmint.com/download.php

ただ、ダウンロードに時間がかかるそうな。
ミラーサイトのひとつ、理化研究所からダウンロードすると早いそうな。

http://ftp.riken.jp/Linux/linuxmint/isos/stable/

Linux Mint 18.3 mate 64bit版をダウンロードしました。
ちなみに、この辺の工程はWindowsで行ってます。

2:USBにISO書き込み

インストールにはUSBを使おうと思うので、空っぽのUSBメモリをひとつ用意。
「1」でダウンロードしたISOファイルをUBSメモリへ書き込みます。
書き込みには「Win32 Disk Imager」というソフトを使用します。
以下のサイトからダウンロード。

https://sourceforge.net/projects/win32diskimager/

インストールして起動。

図の赤枠のボタンを押してISOファイルを指定。
緑枠とこで書き込み先のUSBメモリのドライブを指定。
青枠の”Write”ボタンで書き込み開始。

書き込みが完了したらWindowsでの準備は終わり。

3:BIOS画面でF12キー

用意したマシンにUSBを差し込み起動!

起動画面からBootオプション画面に行くために、F12キーを押します。
(ここで押すキーは、マシンによって異なると思います。)

4:USB Storage Device

画面が変わったら、選べる項目が幾つかあるので、そのなかから”USB Storage Device”を選択。
USBから起動しますよ、ってことかと。

5:すばやくTABキーを押す

画面が切り替わったら、すばやくTABキーを押します。
“すばやく”です。
TABキーを押し遅れた場合、下図のようなエラーメッセージ(fifo:SCHED_ERROR)が出て、処理が止まります。
(マシンによってキーが違うかも)

Linuxにはデフォルトで、nouveauというグラフィックデバイスが使用されるそうですが、これがnvidiaのグラボと相性が悪いようです。
そのため、そもそものOS起動にすら支障をきたすのだ!

6:nomodesetと書き換え

すばやくTabキーを押せたら、下図のような画面に切り替わりました。
ここで、”Start Linux Mint”にカーソルを合わせて再度、Tabキー(だったと思います)を押すと、下図の赤枠の部分が現れます(・・・たしか)。

そこの記述の最後の部分、quiet splashを削除し、nomodesetと書き換えます。

これやらないで起動しようとすると、「5」で載せた fifo SCHED_ERRORがでておわります。

7:それっぽいのが起動

nomodeset設定で起動するとそれっぽいコマンド群が流れて、

それっぽいLinuxが起動。
この段階では画面の解像度は低いです。

8:Install Linux Mint

デスクトップにあるInstall Linux Mintアイコンをダブルクリックします。

インストールウィンドウが起動します。
まず言語を選択。

Linux Mintのインストール準備という項目は、よくわからないけど有効にしました。

インストールの種類は、”ディスクを削除してLinux Mintをインストール”を選択しました。
他のOSと併用する場合は”Linux Mintをこれらと併用可能な形でインストール”を選択かな。

他、住んでいる場所、キーボード、ユーザー登録について設定します。
最後インストールボタンを押すことで、インストールが始まります。

しばらく待てばインストール完了。
しかし、まだ安心できません。

9:再起動

インストールが完了すると再起動を求められます。
求められるままに再起動します。
が!、そのまま正直に再起動すると「5」のエラーがでて起動しない or 画面真っ暗になります。
以下の工程でそれを解決します。

10:起動時Escキー押しながら

再起動時にEscキーを押しながら起動すると、下図のような画面が立ちあがりました。
(私の場合はEscキーでしたが、”Shiftキーを押しながら”の場合もあるそうで、使うマシンによるかと)
このなかから、Advanced options for Linux Mint 18.3 Mate 64-bitを選びます。
ここからリカバリモードでLinuxを起動することができます。

11:リカバリモードで起動

画面が切り替わります。
リカバリモードを選択します。

途中、怖い色の画面がいくつか出てきますが、Enterを押して進めます。

Enter!

12:Linux Mint起動

Linux mintがセーフモードで起動します。

13:ドライバを設定

コントロールセンターから、ドライバマネージャーを選択します。

自動でドライバを検索。(ネットワークにはつないでおく)
nvidia-384を選択し適応!

ビデオカードのドライバが設定されます。

14:再起動

再起動して完了。
以降は普通に起動するようになりました!

ネットを探ると、いろいろ難しそうな方法も出てきましたが、私としてはこれが一番簡単で確実でした。

しばらく様子見。

以上!

関連記事

  1. 2014.02.06

    休業
  2. 2014.09.03

    Vimeo

コメントをお待ちしております

このサイトについて

3DCG Tipsサイト。Houdiniの記事が多めです。

RSS

follow us in feedly

アンケート

ほしい?(複数可)

View Results

Loading ... Loading ...

言語切り替え

  • English (United States)
  • 日本語

Archives

  • 2018 (13)
  • 2017 (29)
  • 2016 (36)
  • 2015 (64)
  • 2014 (54)
  • 2013 (60)
  • 2012 (54)

スポンサードリンク