No More Retake

3DCG屋さん向けTips&Referenceサイト

メニュー

AE:Flower grow up

AfterEffectsで作るこゆヤツ。

105_AE_Flower

 

作成過程をStep by Stepで!

Step1:花の形状のマスクを用意する

AE_Flower_01

Illustoratorで作ったパスを持ってくるなり、AEで下絵をトレスするなりでアニメーションさせたい形状のマスクを用意します。
Illustorator->AEは、コピー&ペーストでVectorパスがマスクとしてコピーできます。
1レイヤにつき1つのパーツがよいと思いますです。
レイヤー数は沢山になります。(サンプルのはだいたい50レイヤーくらいありいます)

地味な作業ですがガンバリます。

AE_Flower_02

 

Step2:ブラシアニメーションエフェクトでラインを描画する

茎の部分のアニメーションを作ります。
茎のレイヤーにブラシアニメーションを追加します。

[エフェクト(T)] -> [描画] -> [ブラシアニメーション]

茎に沿ってブラシ位置にアニメーションのキーフレームを作成していきます。
マスクより太めにして描画しましょう。

AE_Flower_04_aniim

AE_Flower_03

ペイントスタイルを”元のイメージを表示”にするとマスクに切り取られます。

AE_Flower_05_aniim
残りの茎部分も全部やります。
地味な作業ですがガンバります。

 

Step3:葉と花びらの部分にスケールアニメーションをつける

葉っぱや花びらにはスケールのアニメーションを付けます。
アンカーポイントをスケールの中心(この場合は茎との設置部分かな)に移動して、スケールのキーフレームを付けます。
AE_Flower_06_aniim

「ぽんっ」て感じの動きにします。

全部にキーフレーム打っていきます。
花びら一枚一枚にアニメーションを付けていくと、もっと良くなります。
地味な作業ですがガンバります。

Step4:あとは煮るなり焼くなり

全部アニメーション付けたら、こうなります。

AE_Flower_07_aniim

あとは煮るなり焼くなり。

105_AE_Flower

 

 

【追記】

「ブラシアニメーション」のかわりに「線」エフェクトを使う方法もあるよ、と教えていただきました。
あと、花の形状をステンシルアルファにして抜くのもいいよ、と。

いろいろ、やり方はあるものですね。
「線」エフェクトなんて使ったことなかったですわ。

 

関連記事

  1. 2014.04.07

    AE Tips04 (Maya2AE)
  2. 2016.02.20

    3Dカメラの話

コメントをお待ちしております

このサイトについて

3DCG Tipsサイト。Houdiniの記事が多めです。

RSS

follow us in feedly

アンケート

あなたのCG歴はどのくらいですか?

View Results

Loading ... Loading ...

言語切り替え

  • English (United States)
  • 日本語

Archives

  • 2017 (7)
  • 2016 (36)
  • 2015 (64)
  • 2014 (54)
  • 2013 (60)
  • 2012 (54)

スポンサードリンク