No More Retake

3DCG屋さん向けTips&Referenceサイト

メニュー

Houdini:Edge Cusp(SOP)

Houdiniノード勉強回。
Edge Cusp(SOP)について。

マニュアル曰く、”Sharpens edges by uniquing their points and recomputing point normals.”
訳すと、このノードは「ポイントをユニークなものにすることでエッジをシャープにし、ポイントの法線を再計算する」。

たとえば、デフォルトのポリゴンの球に繋ぐとこうなる。

エッジをシャープにする機能だけだと、あまり使いドコロが無さそうなのだが、Edge Cusp(SOP)にはもうひとつ、エッジを分離する機能がある。
こんな感じ。

上のアニメーションは、Edge Cusp(SOP)を使ってグリッド内部のエッジを分離して、2つの領域に分けています。
動きは、別ノード(Exploded View(SOP))でつけています。
あと、わかりやすく境界エッジに色付けてます。
ネットワークは以下の通り。

このようにEdge Cusp(SOP)を使うと、エッジを分離することができます。
注意点として、パラメータの”Cut Boundary Points”を有効にする必要があります。

パラメータ”Group”では、分離したいエッジのグループを指定するのだが。
例えば、ここに*を記述すると、すべてのエッジが分離され、ポリゴンがバラバラになる。

同様のことは、Facet(SOP)の”Unique Points”オプションでもできるが、Edge Cusp(SOP)の方が機能が少ない分シンプルに感じられて良いな、と。

以上、ここまで。

詳細はマニュアル参照
https://www.sidefx.com/docs/houdini/nodes/sop/edgecusp.html

Houdini17.5.327

関連記事

コメントをお待ちしております

このサイトについて

3DCG Tipsサイト。Houdiniの記事が多めです。

RSS

follow us in feedly

アンケート

どのようなタイプの教材を好みますか?(複数可)

View Results

Loading ... Loading ...

言語切り替え

  • English (United States)
  • 日本語

Archives

  • 2019 (12)
  • 2018 (33)
  • 2017 (29)
  • 2016 (36)
  • 2015 (64)
  • 2014 (54)
  • 2013 (60)
  • 2012 (55)

スポンサードリンク