No More Retake

3DCG屋さん向けTips&Referenceサイト

メニュー

Houdini:Karma XPU test

Houdini19で実装されたKarma XPU(Alpha)を試してみました。

解像度は1980×720で、1枚あたり1~2分のレンダリング時間。
マシン環境としては以下
・CPU:56コア デュアル XEON
・GPU:RTX2080Ti

同じシーンをKarma(CPU)の方だと、1枚あたり2~10分だったので、比べるとかなり違いますね。
特にボリュームがあると、時間に大きな差が出ました。

以下はHoudiniの画面キャプチャです。

作業としては、Karm(XPU)でレンダリングするまでに多少手こずりました。あまりマニュアル見ずにやってたから余計にです。
通常のKarma(CPU)であれば、SOP等で設定したマテリアルがそのまま反映されるのですが、Karma(XPU)に切り替えると、それらが反映されないというのがありました。
なので一旦マテリアル情報(shopmaterialpath)を破棄して、LOP側でマテリアル作成しています。
特にPyroに関しては、XPU Pyro Preview”という専用シェーダーがあり、それを使う必要がありました。

基本は、通常のPyro Shaderと同じなので、数値を合わせればプレビューの感じでレンダリングが出来ました。


Karma以外だと、導火線部分には、Houdini19で実装されたParticleTrail(SOP)とか使ってみました。
Sidefxのページにある、Content Libraryが勉強になりました。
てか、ほとんどそのまま使いました。
リンク載せときます。

https://www.sidefx.com/contentlibrary/sparkler/

あとはDebris Source(SOP)が、これまたHoudini19でPackオブジェクトにも対応したとのことで使いました。
Pack対応のおかげでネットワークがものすごく簡素化できてうれしい。


そんな感じです。

以上!

関連記事

コメントをお待ちしております

このサイトについて

3DCG Tipsサイト。Houdiniの記事が多めです。

RSS

follow us in feedly

Archives

  • 2022 (7)
  • 2021 (14)
  • 2020 (46)
  • 2019 (16)
  • 2018 (33)
  • 2017 (29)
  • 2016 (36)
  • 2015 (64)
  • 2014 (54)
  • 2013 (60)
  • 2012 (55)

スポンサードリンク

言語切り替え

  • English (United States)
  • 日本語

スポンサードリンク

言語切り替え

  • English (United States)
  • 日本語

Houdiniを使えるようになる本