No More Retake

3DCG屋さん向けTips&Referenceサイト

メニュー

アトリビュートのコネクト by pymel

pymelでは、オペレータを使ってもアトリビュートがコネクトできるらしい。
忘れないうちに書いておこう。

簡単な例として、CubeとSphereを作成し、それぞれのTranslateをコネクトするスクリプト。

#モジュールの読み込み
import pymel.core as pm</pre>
#新規でCubeとSphereを作成
cb = pm.polyCube(name='testCube')[0]
sh = pm.polySphere(name='testSphere')[0]

# connect
#CubeのTranslateをSphereのTranslateにコネクト
cb.t &gt;&gt; sh.t

# disconnect
#CubeのTranslateとSphereのTranslateのコネクトを解除
cb.tx // sh.tx

こんな書き方もあったとは、知らなかった。
コネクトの部分ををオペレータを使わずに書くと

# connect
cb.t.connect(sh.t)</pre>
# disconnect
cb.tx.disconnect(sh.tx)

以上!

関連記事

  1. 2012.06.06

    Maya:Brick Map

コメントをお待ちしております

このサイトについて

3DCG Tipsサイト。Houdiniの記事が多めです。

RSS

follow us in feedly

アンケート

あなたはプロのCG屋さんですか?

View Results

Loading ... Loading ...

言語切り替え

  • English (United States)
  • 日本語

Archives

  • 2017 (11)
  • 2016 (36)
  • 2015 (64)
  • 2014 (54)
  • 2013 (60)
  • 2012 (54)

スポンサードリンク