No More Retake

3DCG屋さん向けTips&Referenceサイト

メニュー

3dsMax:[細胞マップ]

今回は3dsMaxです。
3dsMaxの細胞マップとその周辺パラメータについて調べる機会があったので。
備忘録もかねて。
01_ImageSample

まず座標から
02_Zahyou

ソース

マッピングの種類

オブジェクトXYZ ・・・ オブジェクトのローカル座標。オブジェクトがアニメーションするけどデフォームしないならこれかな
ワールドXYZ ・・・ シーンのワールド座標でマッピング
明示的マップチャネル ・・・ マップチャネルの有効。UVW座標を使うということかな。1~99の任意のチャネルを選択できるらしいが、つまり1~99までUVWマップが持てるということかな。頂点固有のマップ座標を持てるってことでいいと思う。
頂点カラーチャネル ・・・ 頂点カラーをUVWに変換できるという認識でよいでしょうかMaxユーザーの皆さん!

 

マップチャネル

明示的マップチャネルのチャネル。つまりUVWのマップID的なものかな。

オフセット

テクスチャのオフセット

タイリング

テクスチャのタイリング

角度

テクスチャの回転

 

で、今回調べたい細胞パラメータ
わかりやすくするために、セルカラー、境界線カラーにはRGBを割り当ててあります。
03_cell

セルカラー

Image Sampleの赤いところ。マップをはる場合は、”None”のところに繋ぐ。右のチェックぼっkするがONの場合は、そのマップが使用される。

変動

色のばらつき
01_cell

境界カラー(A)

Image Sampleの緑のところ

境界カラー(B)

Image Sampleの青のところ

セル特性

セルの形状
cell_02

サイズ

全体のサイズ
cell_03

広がり

細胞一個あたりのサイズ
cell_04

バンプスムージング

バンプとして使用した際、ジャギーを軽減

フラクタル

フラクタルパターンを加える。「反復」「アダプティブ」「粗さ」のパラメータが使用可能に

反復

フラクタル関数の適応回数。多いほどより密なフラクタルができる。レンダリング時間も延びる。
cell_05

アダプティブ

最適な反復回数が適応される。レンダリング時間の軽減に貢献。 反復回数が多いと効果がわかりやすい?

(Roughness)粗さ

0の場合、フラクタルの反復サイズは直前の反復の半分。値を大きくすると反復時のサイズが直前の反復サイズに近づく。1.0は実質フラクタルなしで反復と同義。粗さよりRoughnessの方がニュアンスが近いと思う
cell_06

しきい値

低・・・セルカラー
中間・・・境界カラー(A)
高・・・境界カラー(B)
(イメージとしてのしきい値の数値は、下のようなグラデーションランプの位置でしょうか?)



03_cell1

出力

14_-E5-87-BA-E5-8A-9B

反転

チャンネルの反転
13_-25E5-258F-258D-25E8-25BB-25A2

出力量

マップの適応量。0の場合マップは反映されない

クランプ

カラーが1.0以下に制限される。自己照明マップにならないように

RGBオフセット

RGBチャンネル全体のオフセット。個別じゃない? 足し算

RGB強度からのアルファ

暗い部分が透明、明るい部分が不透明。

RGBレベル

明るさと彩度に影響する。掛け算。

カラーマップを使用可能にする

カラーマップ領域参照\

バンプ量

マップがバンプとして使用されている場合のみ有効

カラーマップ

ポイント(1,1)・・・ハイライト
ポイント(0.5、0.5)・・中間色
ポイント(0、0)・・・影
つまりトーンカーブ的なものかな。

RGB・・・RGBを個別に調整
モノ・・全体一括で調整
カーブポイントをコピー・・・ONの場合、モノで調整したカーブがRGBグラフにコピーされる。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

関連記事

コメントをお待ちしております

このサイトについて

3DCG Tipsサイト。Houdiniの記事が多めです。

RSS

follow us in feedly

アンケート

記事の難易度についてどう思いますか?

View Results

Loading ... Loading ...

言語切り替え

  • English (United States)
  • 日本語

Archives

  • 2016 (33)
  • 2015 (64)
  • 2014 (54)
  • 2013 (60)
  • 2012 (54)

スポンサードリンク