No More Retake

3DCG屋さん向けTips&Referenceサイト

メニュー

AE:ハーフトーンワイプ

今回はAfterEffectsネタ。

AfterEffectsでのハーフトーンワイプの作り方。 こういうやつです!
AfterEffects_halftone2

Step1

新規でシェイプレイヤーを作成します。
halfton_001

Step2

シェイプに楕円形を追加します。
シェイプレイヤを選択した状態だと、メニューにシェイプのメニューが表示されるはずなので、そこから追加します。
同様にして、塗りも追加しておきます。
halfton_002
halfton_004

Step3

[追加]からリピーターも追加します。
すると、円が増えます。
コピー数とオフセットを変更して、円の数を増やします。
halfton_003halfton_004_3

Step4

もう一度、[追加]からリピータを追加します。
デフォルトで位置パラメータが[100, 0]になっています。
これを[0, 100]に変更します。
すると、縦方向にも円がコピーされます。
コピー数とオフセットを調整して画面を円で埋め尽くします。
halfton_004_4
halfton_004_5

Step5

円の大きさを調整します。
コピー数とオフセットを調整して円で画面を埋め尽くします。
リピーターの[位置]を楕円パスの[サイズ]と同じにしておくと、ぴったりくっつきます。

halfton_005halfton_004_5

 

Step6

サイズがきまったら、リピータ1のスケールを少しだけ小さくします。
すると、円のサイズがコピー順に変更されます。
halfton_007 halfton_006

 

Step7

楕円パスのサイズをアニメーションさせできあがり。
あとはこれを煮るなり焼くなり。

AfterEffects_halftone3

以上。

では、また次回!

関連記事

  1. 2014.09.03

    Vimeo

コメントをお待ちしております

このサイトについて

3DCG Tipsサイト。Houdiniの記事が多めです。

RSS

follow us in feedly

アンケート

記事の難易度についてどう思いますか?

View Results

Loading ... Loading ...

言語切り替え

  • English (United States)
  • 日本語

Archives

  • 2017 (1)
  • 2016 (36)
  • 2015 (64)
  • 2014 (54)
  • 2013 (60)
  • 2012 (54)

スポンサードリンク