No More Retake

3DCG屋さん向けTips&Referenceサイト

メニュー

Houdiniレシピ:”Connectivity”と”Partition”のコンボ

Houdini回。
今回はConnectivity(SOP)とPartition(SOP)のコンボ。
セットで使うことが多い気がします。

houdini_connectivity_v03


Connectivity(SOP)から。

houdini_connectivity_v04

Connectivity(SOP)は繋がったジオメトリのポイント(またはプリミティブ)に固有のアトリビュートを追加することが出来るノードです。
繋がったジオメトリってのがポイント。

houdini_connectivity

例えば、他のソフトで作った破片オブジェクトをHoudiniに読み込んだら全部で一個のオブジェクト扱いだった、なんて時(あるか?)、Connectivity(SOP)を使うことで破片を区別するためのアトリビュートを追加できる、と。
ジオメトリをピース毎に区別したい、って時に使います。

デフォルトでは”class”という名前のアトリビュートが作られます。
アトリビュートの中身は整数値。

connectivity_v02


次にPartition(SOP)。

houdini_connectivity_v05

これを使うと、先ほどConnectivity(SOP)で作ったアトリビュートを使ってGroupを作ることができます。

houdini_connectivity_v06

設定するのはGroup化のルールくらい。

houdini_connectivity_v07

RuleのとこにPiece_$CLASSとか書けば、変数$CLASSをつかってPiece_0,Piece1,・・・という名のグループができます。

ここでは、先のConnectivity(SOP)で作ったclassというアトリビュートでグループを作成しましたが、任意のルールでグループが作れます。


そんな感じ。

Connectivity(SOP)とPartition(SOP)はセットで使うことが多いです。
破壊やなんかでよく使うかなぁ、と。

ちなみに、破片を作るVoronoi Fracture(SOP)には、Connectivity(SOP)とPartition(SOP)が組み込まれていて、すでに破片ごとにグループが作れます。

以上、おかしなところがあったらご指摘を!

関連記事

コメントをお待ちしております

このサイトについて

3DCG Tipsサイト。Houdiniの記事が多めです。

RSS

follow us in feedly

アンケート

ほしい?(複数可)

View Results

Loading ... Loading ...

言語切り替え

  • English (United States)
  • 日本語

Archives

  • 2017 (13)
  • 2016 (36)
  • 2015 (64)
  • 2014 (54)
  • 2013 (60)
  • 2012 (54)

スポンサードリンク