No More Retake

3DCG屋さん向けTips&Referenceサイト

メニュー

Houdini:Vector Blur Pass to Nuke

Houdini回。
Nuke用のVector Blur Pass作り方!こゆやつね。

Houdiniは最近の他のソフトと違って、自分でVector Blur用のシェーダーを組んでパスを設定しなければならない。
非常に面倒な上、どう作るのが正解かよくわからないので、だいたい詰まる。
odforceで調べても、みんな違うことやってるしっ!

いくつか調べて教えを請うて、Houdini上での3DブラーとコンポジットでのVectorブラーをだいたい一致させる設定、これでいいかなってのが決まってきたので備忘録も兼ねて書きます。
テスト用には前回作った、ぷるんぷるんした奴を使いました。

jiggle01

Houdini15.5、Nuke10を使用。
まずはHoudini側。

シェーダー側でのMotionVectorのネットワーク

mv01

Renderstate(VOP)でレンダリング解像度を取得して掛け算している箇所が、個人的には「なるほどな!」と。
よく1000倍とかしてるサンプルファイルをodforceとかで見かけてて、しっくりこないなと思ってたんですが、こっちはしっくりきた。
出力名は適当にmvとしてます。

Mantra側の設定01

motionvector02

必須設定項目は赤枠部分。
○Allow Motion Blur
これがONじゃないと、そもそもモーションブラーが計算されにゃい。

○Allow Image Motion Blur
これがOFFだとブラーの結果を絵に反映させない。Vectorブラーはパスとして出力したいけど、絵にはブラー効果を付けたくないのでOFF。

他のパラメータもいくつか。
○Xform Time Samples
移動に対するモーションブラーのサンプル数。数が多いとより正確。

○Geo Time Samples
変形に対するモーションブラーのサンプル数。数が多いとより正確。

○Shutter Offset:1
1の時は現在のフレームから次のフレームまでの位置でブラーがかかる。

Mantra側の設定02

Extra Image Planesの設定。

motionvector03

シェーダーで作ったパラメータをVEX Variableに指定。

Geometryの設定

Velocityを使いたいときは、Geometryの”Geometry Velocity Blur”をON

motionvector04

以上の設定で、HoudiniからVector Blurのパスが出力できるはず。

Nuke側の設定

Vector Blurの設定。
一旦ShuffleでMotionVectorパスをforwardに変換。Nukeが認識しやすい形にしてあげる(教えてもらいました)
「意味あるのかな?」と思ったら結果違ったので、意味あるんだ!、と。

motionvector06 motionvector05

これで、3Dでブラーかけた時とだいたい同じ結果になりました。

motionvector01-0027

以上!
間違い等ありましたらご指摘を!


Houdiniのサンプルシーン→ motionvector_sample.hiplc

[参考URL] http://forums.odforce.net/topic/23205-motion-vector-pass-h14/#comment-136970

関連記事

  1. 2016.06.16

    Houdini:Mandelbulb

コメントをお待ちしております

このサイトについて

3DCG Tipsサイト。Houdiniの記事が多めです。

RSS

follow us in feedly

アンケート

あなたはプロのCG屋さんですか?

View Results

Loading ... Loading ...

言語切り替え

  • English (United States)
  • 日本語

Archives

  • 2016 (33)
  • 2015 (64)
  • 2014 (54)
  • 2013 (60)
  • 2012 (54)

スポンサードリンク