No More Retake

3DCG屋さん向けTips&Referenceサイト

メニュー

Houdini:Attribute Fade(SOP)

Houdini、こんなノードがあったのか勉強回。
取り上げるのは、Attribute Fade(SOP)。

マニュアル曰く

The Attrib Fade operator scales a point attribute into and out of existence over a given time range.
This can be useful for triggering the input to a dynamic simulation, for example fading a fuel map in and out.
とのこと。意訳すると、
「アトリビュートの値を時間によって減衰させられるよ。ダイナミックシミュレーションの燃料制御とかに使えるんじゃない?」

とのこと。

ここではCd(カラー)を減衰させてみた。
Fade InとFace Outに関するパラメータにあって、アトリビュート値を0から徐々に増やしたり、逆に徐々に減らしたりできる。

このフェードのタイミング等をポイントアトリビュートによって個々に制御することが可能。
パラメータの”Fade Start Frame”に、アトリビュート名を記述すると、そのアトリビュートの値がFade Startの値として使われる。Fade Startは、フェードインが始まるフレーム。
パラメータ”Hold Scale”も使い方は同様。Holdはフェードインしてからフェードアウトするまでの停止時間。
実際のフェードのフレーム数指定はTimingsタブにあるパラメータで設定する。

ここでは上流でタイミング制御用にwrangleノードを作り、そこで”fadestart”、”holdscale”というアトリビュートを作成した。
これでフェードのタイミングを制御したものが、上記のgifアニメーションのものになる。


ちなみにAttribute Fade(SOP)には入力が3つあって、真ん中と右の入力は、”Fade Start Frame”と”Hold Scale”を別々に参照するためのもの。
真ん中が”Fade Start Frame”用、右が”Hold Scale”用。

ノードの中はVOPでごちゃっと組まれてた。

結構複雑だが、処理の中身が見れる。

以上。間違い等あればご指摘を!

関連記事

コメントをお待ちしております

このサイトについて

3DCG Tipsサイト。Houdiniの記事が多めです。

RSS

follow us in feedly

アンケート

ほしい?(複数可)

View Results

Loading ... Loading ...

言語切り替え

  • English (United States)
  • 日本語

Archives

  • 2017 (23)
  • 2016 (36)
  • 2015 (64)
  • 2014 (54)
  • 2013 (60)
  • 2012 (54)

スポンサードリンク