No More Retake

3DCG屋さん向けTips&Referenceサイト

メニュー

Houdini:シミュレーションでメモリが足りない場合

Houdiniでシミュレーションすると、すぐメモリが足りなくなります。
そんな時の対処方法のひとつ。

DOP Networkノードのパラメータ”Cache Simulation”をOFF!

これでシミュレーション時にキャッシュデータを保持しなくなります。
ここでいうキャッシュデータとは、タイムラインで青とか橙色であらわされるデータです。

DOP Networkノードのパラメータ”Cache Simulation”をOFFにすると、このキャッシュデータが作られなくなるのでタイムライン上でマウスをぐりぐりしても、現在のフレーム以外シミュレーション結果を確認できません(正確にはそのフレームまでの再計算が終わるまで確認できません)
しかし、メモリも使用されません。

この設定ならば、現在のフレームの計算に必要なメモリ使用量だけに抑えられるので、重いシミュレーションでも計算できる可能性があるのではないでしょうか。

最近(Houdini18)ではSOPでシミュレーションできるノードも増えましたが、同じパラメータが付いてるはずです。

シミュレーションでメモリが足りなくて困った場合は、試してみてはいかがでしょう?

間違いありましたらご指摘を。

以上!

関連記事

コメントをお待ちしております

このサイトについて

3DCG Tipsサイト。Houdiniの記事が多めです。

RSS

follow us in feedly

言語切り替え

  • English (United States)
  • 日本語

Archives

  • 2020 (16)
  • 2019 (16)
  • 2018 (33)
  • 2017 (29)
  • 2016 (36)
  • 2015 (64)
  • 2014 (54)
  • 2013 (60)
  • 2012 (55)

スポンサードリンク