No More Retake

3DCG屋さん向けTips&Referenceサイト

メニュー

Houdini:Clean Transform(Geomtry OBJ)

Houdini回。
今回はこれ。Geometry(OBJ)ノードの真ん中あたりにあるパラメータ↓について。

上記のパラメータを”Clean Transform”にすると、状態を維持したまま、数値を強制的に0にすることができる。
言い換えると、原点以外の場所を0とみなすことが出来る、ってこと。
(Mayaのフリーズって、こんな感じの機能じゃなかったっけかな)

このパラメータ、選べる項目が沢山あるので、それぞれ確認してみようと思います。

Clean Transform・・・Translate,Rotate,Scaleの3項目すべて、現在の値を0とみなす。
Clean Translates・・・Translateの現在の値を0とみなす。”Clean Rotates”と”Clean Scales”も同様。
Extract Pre-Transform・・・上記設定で、一度0とみなしたパラメータに元の値を戻す。
Reset Pre-Transform・・・Pre-Transformをリセットする。

ちなみにCleanした値はどこに行ったのかというと、Pre-Transformというパラメータに格納されています。
Geometry(OBJ)では表示されていません。
表示するためには、パラメータのギアアイコンをクリック->Edit Parameter Interfaceから引っ張ってきます。

Pre-Transformのパラメータを作ると、そこにCleanした値が入っていることが確認できます。

つまり、このPre-Transformパラメータに値を逃がしたり、逆にそこから値を引っ張ってきたりしているということ。

これが何に使えるかというと、カメラとかライトの位置をうっかり動かしてしまったとしても、パラメータ見れば分かるし、値を0にすれば戻せる。

以上、私が最近知った機能でした。

 

関連記事

コメントをお待ちしております

このサイトについて

3DCG Tipsサイト。Houdiniの記事が多めです。

RSS

follow us in feedly

言語切り替え

  • English (United States)
  • 日本語

Archives

  • 2021 (9)
  • 2020 (46)
  • 2019 (16)
  • 2018 (33)
  • 2017 (29)
  • 2016 (36)
  • 2015 (64)
  • 2014 (54)
  • 2013 (60)
  • 2012 (55)

スポンサードリンク


Warning: file_get_contents(): SSL operation failed with code 1. OpenSSL Error messages: error:14090086:SSL routines:ssl3_get_server_certificate:certificate verify failed in /usr/home/nomorere/nomoreretake.net/wordpress/wp-content/themes/n1-custom/functions/social.php on line 132

Warning: file_get_contents(): Failed to enable crypto in /usr/home/nomorere/nomoreretake.net/wordpress/wp-content/themes/n1-custom/functions/social.php on line 132

Warning: file_get_contents(http://api.b.st-hatena.com/entry.count?url=http%3A%2F%2Fnomoreretake.net%2F2021%2F07%2F19%2Fhoudiniclean-transformgeomtry-obj%2F): failed to open stream: operation failed in /usr/home/nomorere/nomoreretake.net/wordpress/wp-content/themes/n1-custom/functions/social.php on line 132