No More Retake

3DCG屋さん向けTips&Referenceサイト

メニュー

Houdini:MatchSizeとTransform by Attribute(SOP)

Houdini勉強回。

前回、MatchSize(SOP)について取り上げましたが、そこで紹介しなかった機能があります。それが、Restore/Stash Transformのパラメータです。

これらを使うことで、MatchSize(ROP)による原点への移動値をアトリビュートとして保持したり、逆にアトリビュートをもとに移動することができます。

以下のようなネットワークで、ジオメトリ(任意座標)を原点に移動、Twistをかけて、元の位置に戻す、というものです。

(1):MatchSize(SOP)で原点に移動。パラメータ”Stash Transform”を有効に。これで、原点に移動し、かつDetailにxformというアトリビュートが作成されます。Geometry Spreadsheetを見ると、Detailにxformというマトリクス情報が作られているのが確認できます。

(2):Twistかけてひねってます。

 

(3):最後にMatchSize(SOP)で、もとの位置に戻します。
パラメータの”Restore Transform”を有効にすると、(1)で格納したxformアトリビュートを使用してジオメトリが移動。元の位置に戻ります。


Transform by Attribute(SOP)

xformアトリビュートを使った移動は、Transform by Attribute(SOP)でも行うことができます。

上記例の(3)をTransform by Attribute(SOP)に置き換えます。

パラメータの”Invert Transformation”を有効にすると、元の位置に戻ります。

Sample File -> 151_MatchSize01.hiplc

以上!

関連記事

コメントをお待ちしております

このサイトについて

3DCG Tipsサイト。Houdiniの記事が多めです。

RSS

follow us in feedly

言語切り替え

  • English (United States)
  • 日本語

Archives

  • 2020 (21)
  • 2019 (16)
  • 2018 (33)
  • 2017 (29)
  • 2016 (36)
  • 2015 (64)
  • 2014 (54)
  • 2013 (60)
  • 2012 (55)

スポンサードリンク