No More Retake

3DCG屋さん向けTips&Referenceサイト

メニュー

Houdini:Attribute Create & Material Path

Houdini回。
作業してて、「へ~」となったので。
マテリアルの割り当ては、Material(SOP)を使わずにAttribute Create(SOP)とか使っても出来のか!

materialpath01

そもそもMaterial(SOP)を使って、マテリアルを割り当てるとプリミティブにshop_materialpathなるアトリビュートが作成され、それにマテリアルのパスが文字列として記述されます。

materialpath02

マニュアルを見ると、shop_materialpathというプリミティブアトリビュートは、「レンダリング時のサーフェスのシェーディングに使用するマテリアルのパスで、プリミティブ上に存在するオブジェクトのマテリアルを上書きする」とありました。

ということは、自分でこのアトリビュートを作ってパスを記述してあげれば、マテリアルを割り当てられるということになります。
やってみた。
Attribute Create(SOP)でアトリビュート作って、パスを直に記述した。

materialpath03

ら、できた。

materialpath04

ということは、wrangleでもマテリアルの割り当てが出来る!
やってみた。
materialpath05できた。

materialpath06

これを使うと任意のオブジェクトから別のオブジェクトへのマテリアルの転送が楽にできました。

関連記事

コメントをお待ちしております

このサイトについて

3DCG Tipsサイト。Houdiniの記事が多めです。

RSS

follow us in feedly

アンケート

ほしい?(複数可)

View Results

Loading ... Loading ...

言語切り替え

  • English (United States)
  • 日本語

Archives

  • 2017 (13)
  • 2016 (36)
  • 2015 (64)
  • 2014 (54)
  • 2013 (60)
  • 2012 (54)

スポンサードリンク