No More Retake

3DCG屋さん向けTips&Referenceサイト

メニュー

Houdini:Differential Curve Growth

若干、いまさら感のあるDifferential Curve Growthです。日本語だと・・・なんでしたっけ?

Differential Growth系は手法が沢山あるのですが、今回はその中で最も簡単でシンプルな、Relax(SOP)とSolver(SOP)を使う方法を採用しました。
めんどくさい処理は全部Relax SOPがやってくれます。わたし好み。

一見、ノードがいろいろあるようですが、コアの部分はこれだけ。

いずれ、Differential Growthについてまとめたいなと思っているので、詳細はその時にでも。
と、思いましたが、Entagma先生が解説されてましたね。
そちら載せときます。

他の処理で、少し手を加えた個所を取り上げてみます。
Differential Growth系全般に言えることだと思いますが、動きの緩急が難しいです。
シミュレーションが絡むため、どうしても直観的な操作ができません。
なので、シミュレーション後の後処理で形状補完によって動きの調整を行っています。

初めはゆっくりと、そして一気に加速、ということをやりたかったので、そのための処理をSOPで行ったりしてます。
TimeShiftとResampleとSequenceBlendを駆使してやってます。
ザッとネットワークは下図の感じ。

メイン部分の処理はノード数少なくても、その他の処理を入れたりしてると少しずつ肥大化してしまった、なんてのはよくあること。

Differential Growthは他にも方法あるので、暇を見つけては、作ってみようと思います。

以上、ではまた!

関連記事

コメントをお待ちしております

このサイトについて

3DCG Tipsサイト。Houdiniの記事が多めです。

RSS

follow us in feedly

Archives

  • 2022 (8)
  • 2021 (14)
  • 2020 (46)
  • 2019 (17)
  • 2018 (33)
  • 2017 (29)
  • 2016 (36)
  • 2015 (64)
  • 2014 (54)
  • 2013 (60)
  • 2012 (55)

スポンサードリンク

言語切り替え

  • English (United States)
  • 日本語

スポンサードリンク

言語切り替え

  • English (United States)
  • 日本語

Houdiniを使えるようになる本