No More Retake

3DCG屋さん向けTips&Referenceサイト

メニュー

ラピュタのロボット兵、フィギュア風

Vimeo行くと大きいのが見れます。

MayaのView上ではこんな感じ。
機械兵の欠けや、木の凸凹は大部分がディスプレイスメントマップ。

ツタは、『Ivy Generator』というソフトを使って。

コケっぽいのが欲しかったので、Furで木と地面を覆いました。
数種類混ぜようかとも思ったのですが、今回は一種類のみにしました。

Furは普通にレンダリングすると時間がかかったので、
RenderSettings のPrimary Renderを “Rasterizer(Rapid Motion)”に変更してレンダリングしてます。

出力Passは以下の通り。
04_pass

FurもPassで分けたのですが、最終的にはBeatyのみ使用しました。

コンポジットはcomposite(toxik)でやりました。
素材はすべて16bit halfのOpenEXR形式。
Mayaからコンポじっとまで、一貫したリニアワークフローで作成しています。

以上、作ってみたでした。

関連記事

  1. 2014.04.07

    AE Tips04 (Maya2AE)
  2. 2014.09.03

    Vimeo

コメントをお待ちしております

このサイトについて

3DCG Tipsサイト。Houdiniの記事が多めです。

RSS

follow us in feedly

アンケート

どのようなタイプのセミナを好みますか?(複数可)

View Results

Loading ... Loading ...

言語切り替え

  • English (United States)
  • 日本語

Archives

  • 2019 (7)
  • 2018 (33)
  • 2017 (29)
  • 2016 (36)
  • 2015 (64)
  • 2014 (54)
  • 2013 (60)
  • 2012 (55)

スポンサードリンク