No More Retake

3DCG屋さん向けTips&Referenceサイト

メニュー

toxik:はじめに

「あまり人が解説してないものを」ということでtoxikにしました。
メインで使ってるプロダクションってあまりないですよねw
ときどき、Autodesk Composite(以下toxik)について、(主にToolまわりを)調べていこうと思います。
まずtoxikについて基本をざっくりと解説。

toxikはMayaとMaxの2010以降に統合されたノードベースのコンポジットソフトです。
いつからか名前が”Composite”に変わりましたが、ここでは昔のまま”toxik”と呼ぶことにします。

デフォルトのUIはこんな感じ↓
01_UI①:Menuではファイルの保存や素材の読み込み、他各種Preference的設定。
②:SchematicView。主な作業エリアですね。ここでノードをガツガツ繋いで絵を作ります。
③:PlayerView。 コンポジットの結果を表示してくれます。
④:Player Control。動画の再生停止コマ送り等。
⑤:Detail Area。ノードだったり、出力だったりの各種詳細設定を行うエリアです。

UI上でマウスの中ボタンを押すと、[Gate UI]というものが現れます。
このGate UI内に[Tools]があります。
02_Gate-UI

このToolsをクリックすると、画面の右にToolsViewが現れます。
ToolsView

ここのTool(ノード)を組み合わせて絵を作ってゆく事になります。
上段のTool Folderでカテゴリ分けされ、下段に実際のToolが格納されています。
カラコレだったり、レンズブラーだったり、いろいろあります。

試しに簡単なシーン作成から出力までやってみます。
Menuから[File]->[New]。
[Create Composition]Windowが現れます。
CreateFile

ファイル名と保存場所を指定して、右下の”Create”ボタンを押します。
05_NewFile

すると、[Output]というノードがポツンと一つあるシーンが作成されます。
この[Output]ノードは出力用のノードです。
ここに素材を読み込みます。
Menuの[File]->[Import…]を実行します。
File Browserが現れるので、読み込みたいファイルを選びます。
選択したら”import”ボタンを押して読み込みます。

この例では、キャラクタ素材と背景素材を読み込みました。
このキャラクタと背景を合成します。
13_other

マウスの中ボタンを押して[GateUI]を表示させ、”Tools”をクリック。画面の右にToolsViewを出現させます。
ToolsViewの上段、カテゴリから”Composition”を選びます。下段にToolが表示されるので、その中から、[Blend & Comp]を選びます。
この[Blend & Comp]ノードは二つの素材を合成するノードです。
08_ToolsBlendComp

選択した状態で、この[Blend & Comp]をschematic Viewまでドラッグ&ドロップで追加します。
09_schematic

この[Blend & Comp]ノードの”Front”キャラクタを、”Back”に背景をコネクトします。
さらに、[Blend & Comp]の出力を[Output]にコネクトします。
10_schematic

すると、PlayViewにはキャラクタと背景を合成した絵が表示されています。
11_NewFile04

レンダリングします。
[Output]ノードを選択して、下のDetail Areaで”Output”タブを選択し、解像度、尺、フレームレート等を設定します。
11_Output01

次に”Render”タブに切り替えて、出力ファイル名や出力先、ファイルフォーマットを設定します。
12_Output03設定が終わったら、Menuから[File]->[Render]を実行します。
11_Output02
Render Windowが表示されます。
先ほど設定したOutputノードがリストに表示されています。

右下にある”Start”ボタンを押すとレンダリングが開始されます。

以上、簡単な作成からレンダリングまででした。

これから時々、toxikネタもアップしていこうと思ってますのでよろしくお願いします。

はたして、ニーズはあるのか!?

関連記事

  1. 2012.05.05

    はじめに
  2. 2018.04.09

    Houdiniの本!!

コメントをお待ちしております

このサイトについて

3DCG Tipsサイト。Houdiniの記事が多めです。

RSS

follow us in feedly

アンケート

どのようなタイプの教材を好みますか?(複数可)

View Results

Loading ... Loading ...

言語切り替え

  • English (United States)
  • 日本語

Archives

  • 2018 (33)
  • 2017 (29)
  • 2016 (36)
  • 2015 (64)
  • 2014 (54)
  • 2013 (60)
  • 2012 (55)

スポンサードリンク