No More Retake

3DCG屋さん向けTips&Referenceサイト

メニュー

toxik:続はじめに

今回は「toxikはじめに」の回で紹介できなかった、基本機能や操作、設定を紹介していこうと思います。
●Ctrlを押しながらコネクトラインを横切ると、コネクションを切断できます

●Shitを押しながらノードをくっつけると、コネクションが接続されます

 Schematic Viewを横レイアウトから縦レイアウトに変更

Menuから[Edit]->[User Preferences…] User Preferences WindowのCreativeタブで”2D Flow”を[Left-Right]から[Top-Down]に変更します。
14_UserPreference
15_UserPreference

 

キャッシュファイルの設定

[Edit]->[System Preferences…] 16_SystemPreference
“Media Cache Location”でキャッシュファイルを保存する場所を保存。
“Media Cache Size”でどれくらいの容量をキャッシュに割り当てるかの指定。ここでは50%。
“Available Disk Space”は空き容量。
17_cache
各ノードのオレンジの部分を押すと、そこまでの結果がキャッシュに保存される。
次からの再生が速くなるよw
 

ノードをミュート(一時無効)する

Detail Areaにあるミュートボタンを押すと、そのノードをミュートできる。
19_Mute

 

 

 

マルチチャンネルファイルを読み込む

EXR形式のようにマルチチャンネルを持つファイルを読み込む場合は、
素材読み込み時に、右クリックオプションから[Import All Channels]で読み込みます。
22_Import_MultiChannel

チャンネル数分の出力を持ったノードとして読み込まれます。

 

 

Player Viewの表示について

Player上で右クリックすると、オプションが現れます。
25_playerOption

[Display] -> [Composition Outpu]でこのコンポジションのデフォルトOutputノードの結果が表示されます。

[Tool Output]で選択したノードの結果が表示されます。

 

Player上で絵を比較する

こういうの↓


ここでは最終結果と最初の素材を比較します。

比較したい素材ノードを選択して、右クリック->[Context Points] -> [Context 1 (set)] 26_Compare

Player上で右クリック[Display] -> [Composition Outpu]で最終結果を表示。
同じくPlayer上で右クリック[Comparison]を有効。赤いラインがPlayer上に出現する。

その下の[Reference] -> [C1 Output]で初めに選んだContext Pointの結果と比較できる。
27_Compare

 

 

ノードの情報をいろいろ表示する。

[Shift + D] other

 

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

関連記事

  1. 07_Eye_Caches
  2. 70_toxik_Blur_eye

    2013.10.14

    toxik:[Blur]
  3. 83_toxik_node4_eye
  4. 2014.02.06

    休業
  5. 07_Eye_Caches

コメントをお待ちしております

このサイトについて

3DCG Tipsサイト。Houdiniの記事が多めです。

RSS

follow us in feedly

アンケート

あなたはプロのCG屋さんですか?

View Results

Loading ... Loading ...

言語切り替え

  • English (United States)
  • 日本語

Archives

  • 2016 (33)
  • 2015 (64)
  • 2014 (54)
  • 2013 (60)
  • 2012 (54)

スポンサードリンク