No More Retake

3DCG屋さん向けTips&Referenceサイト

メニュー

Maya:12.345e-006

Mayaで↓のように、数値が”e”を交えた表記になっているのを見たことはありませんか?
Mayaに限らず、いろんなソフトで目にしたことがあるかもしれません。
例えば・・・エクセルとか?

一瞬、「バグか」と疑いたくなるかもしれませんが、バグではありません。これは、指数表記(浮動小数点表記)という数の表記の方法で、
一般的に非常に大きな値or小さな値を表記する際に利用します。例えば、

1.2345e-006

という表記があったとします。
これを、もう少しなじみのある表記に書き換えると、こうなります。

1.2345 ×10-6

これを計算すると

0.0000012345

となります。
この非常に小さな値が”1.2345e-006″の正体です。

なぜ、”12.345e-006″なんてわかりにくい書き方をするのか?
“0.000012345”でいいではないか?
と思うかもしれませんが、もっと桁数が増えるとこの表記のありがたみが出てきます。

もっとも普段3DCGソフトを使っていて、これほど極端に大きな値or小さな値を使うことはまず無いかと思いますが。
それでも、時々目にする機会はあるかと。

ちなみにMayaで値を入力する際、この指数表記で入力することも出来ます。
適当なオブジェクトを作って、チャンネルボックスのTranslateの値に1.2345e006と入力すると、1234500と表示されるはず。
また小数点以下の小さな数の場合は、表示の桁数を変更しないと0としか表示されない場合があります。(表示桁数の変更方法はこちら

 

参考サイトURL
http://oto-suu.seesaa.net/article/204829406.html

http://www.cc.kyoto-su.ac.jp/~yamada/programming/float.html

http://oto-suu.seesaa.net/article/204829406.html
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

関連記事

コメントをお待ちしております

このサイトについて

3DCG Tipsサイト。Houdiniの記事が多めです。

RSS

follow us in feedly

アンケート

あなたはプロのCG屋さんですか?

View Results

Loading ... Loading ...

言語切り替え

  • English (United States)
  • 日本語

Archives

  • 2016 (33)
  • 2015 (64)
  • 2014 (54)
  • 2013 (60)
  • 2012 (54)

スポンサードリンク