No More Retake

3DCG屋さん向けTips&Referenceサイト

メニュー

Maya:Lightstorm3Dが面白かったのでざっくりざっくり

Lightstorm3Dの無料ツールライブラリ「L3Library」にある機能の一つ、GeoLocatorが面白かったので備忘録も兼ねて。
GeoLocatorという機能は、どうやらコンストレイン+追従の動きにノイズやDynamicsを加味するというものらしいです。

試しに作ってみました。

 

まず、インストール方からざっくりと。

サイトからL3Libraryをダウンロード。(※登録必要)

②任意の場所にファイルを解凍。

③Maya起動

④ScriptEditorを起動しPythonタブに切り替え、↓のスクリプトをコピー&ペースト

import imp
<span style="color: #0000cc; font-family: 'Courier New', Courier, monospace; font-size: 14px;">L3SetupPath = </span><strong style="color: #0000cc; font-family: 'Courier New', Courier, monospace; font-size: 14px;"><span style="color: red;"><em>'C:/temp/L3Library_1.3.0_m2011_win'</em></span></strong><span style="color: #0000cc; font-family: 'Courier New', Courier, monospace; font-size: 14px;"> </span>
<span style="color: #0000cc; font-family: 'Courier New', Courier, monospace; font-size: 14px;">L3Setup = imp.load_compiled( 'L3Setup', L3SetupPath + '/scripts/L3Setup.pyc' ) </span>
<span style="color: #0000cc; font-family: 'Courier New', Courier, monospace; font-size: 14px;">L3Setup.main( L3SetupPath )
</span><span style="background-color: white; color: #333333; font-family: Meiryo, Georgia, 'Bitstream Charter', serif; font-size: 13px; line-height: 24px;">

⑤↑スクリプトの赤字部分を②で解凍したパスに変更

⑥実行。Installerが立ち上がる。
L3-Installer

⑦インストール先を指定しInstall。

⑧ .NET と Visual Studio 2010 Redistributableが必要らしいので、マシンに入っていないならこれもインストール

⑨Mayaを再起動し、Plug-in Managerを起動。(Windows > Settings/Preferences > Plug-in Manager)

⑩L3Library.mllをロード。

⑪メニューバーにLightstorm3Dが追加されます。
 
次にGeoLocatorの使用例をざっくり。
Lightstorm3DにはGeoLocator以外にも沢山機能があるようですが、ここではあくまでGeoLocatorのみ。
こんなのを作ってみます。

①Sphereを作成

②ConeをSphereの表面付近に作成

③メニューから[Lightstorm3D]→[Library]→[Animation]→[Geo Locator]→[Create Geo Locator]

④Create Geo Locator Windowが開いたら、Nameに名前を入力

⑤Sphereを選択してGeometryの”Get”ボタンを押す

⑥Creation Modeを”Constrain Selection”を選ぶ

⑦位置関係を保持したいので、”Maintain Offset”をON

⑧Placement Mode をUV coordinatesに

⑨コンストレインにDynamicsの動きを追加したいので”Enable Dynamics”をONに。

ついでに、Position Drag=0.95、Position Damp=0.9に設定

⑩先に作成したConeを選択した状態で、下のCreate Goe Locatorボタンを押す。
01_CreateGeoLocator

以上でサンプルのようなものが出来るはずです。
一番上のサンプルはDynamicsとNoiseをONにしてパラメータを調節したものです。
GeoLocatorは他にも使い方があるようですが、それらはLightstorm3Dのドキュメント参考ということで。

以上、Lightstorm3Dが面白かったのでざっくりでした。

関連記事

  1. 27_WriteToColorBuffer_eye
  2. 07_Eye_Caches
  3. 02_kaba
  4. 00_texturebake_eye
  5. ScriptNode004_eye

コメントをお待ちしております

このサイトについて

3DCG Tipsサイト。Houdiniの記事が多めです。

RSS

follow us in feedly

アンケート

あなたのCG歴はどのくらいですか?

View Results

Loading ... Loading ...

言語切り替え

  • English (United States)
  • 日本語

Archives

  • 2016 (33)
  • 2015 (64)
  • 2014 (54)
  • 2013 (60)
  • 2012 (54)

スポンサードリンク