No More Retake

3DCG屋さん向けTips&Referenceサイト

メニュー

Houdiniレシピ:SweepとSkinで作るこういうの

SweepノードとSkinノードで作るこういうの↓です。

では、早速。
まず、ガイド&断面の元となるカーブを用意します。
ここではガイドのカーブにスパイラルカーブを、断面に円を用意しました。

Sweepノードを使うと、ガイドカーブに沿って断面の円を配置することができます↓
さらに、skinノードを使うと、これに面を張れます。

場所によって太くしたり細くしたりしたいので、vopsop使ってそれを実現してます。
(VopSopの中身については後述)

最後にCarveノードでにょ~んってやって出来上がり!

全体のネットワークは次の通りです。

VopSopの中身はこんな感じ。

補足として、SweepノードのScaleアトリビュートで使っているエクスプレッションについて少し。

point("../vopsop1",$PT, "scale", 0)

この”point”というエクスプレッションを使うと、ポイントのアトリビュートを取得できます。
上記のエクスプレッションを日本語訳すると、
「vopsopノード時点での$PT番目のポイントの”scale”アトリビュートの0番目の値を取得する」、です。
0番目の値というのは少し分かりにくいですが、複数の値がある場合はこれで何番目の値を取得するかを決めます。
例えば位置情報のように、<<$TX, $TY, $TZ>>と3つの値でひとつの情報を表している場合、0番目が$TX、1番目が$TYとなります。

ここでは、あらかじめ太さ制御用にvopsopで”scale”というアトリビュートを作っており、それをSweepノードで使用しています。

この、にょ~んは使い道の幅が広そうです。
例えば、雲をにょ~んってしてみたり・・・・・・(チラつきがっ)

なお、ここで使用しているHoduiniのバージョンは13です。
最新バージョンとは異なる箇所のある可能性がありますのであしからず。

以上、間違い等ありましたら、ご指摘を。
ではまた次回!

参考URL
https://www.youtube.com/results?search_query=Houdini+13+VDB+Crack+Tool+Tutorial

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

関連記事

  1. 2015.12.18

    Houdini:Marble Ball

コメントをお待ちしております

このサイトについて

3DCG Tipsサイト。Houdiniの記事が多めです。

RSS

follow us in feedly

アンケート

あなたはプロのCG屋さんですか?

View Results

Loading ... Loading ...

言語切り替え

  • English (United States)
  • 日本語

Archives

  • 2016 (33)
  • 2015 (64)
  • 2014 (54)
  • 2013 (60)
  • 2012 (54)

スポンサードリンク