No More Retake

3DCG屋さん向けTips&Referenceサイト

メニュー

Houdini:Blend Pose

Houdini  Ver 15.0.244.16

Blend Pose機能を覚えたのでメモや。
この機能を使って、Mayaでいうところのドリブンキーをやってみたいと思います。

BlendPose_anim_eye

こんな感じにSphereとBoxがある状態から始めてみました。

BlendPose_00

 

 

 

Step1 : シェルフのModifyタブ -> Blend Pose

BlendPose_01

シェルフのBlendPoseボタンを押した後、関連付けたいオブジェクトを選択します。

最初にtargetオブジェクトを選択、次にdriverオブジェクトを選択。
すると、Blend Poseウィンドウが表れます。

BlendPose_02

 

 

Step2 : “Mofiy Target and Driver Selection…”ボタンを押します

あたらしくModify Driver/Target Selectionウィンドウなるものが現れます。
関連付けたいパラメータを選択します。
ここではシンプルに、それぞれ1コだけにしました。
driverオブジェクトのx方向の動きで、targetオブジェクトがy方向に動く、そんな感じです。

BlendPose_03

Acceptボタン押しときます。

 

Step3 : Poseを追加します

Blend PoseウィンドウのAddボタンを押してポーズを追加します。
BlendPose_04

するとPoseのとこの数字が1になりました。
現状の位置関係がPoseとして登録されたようです。

BlendPose_05

修正したい場合は、Updateボタンで上書き出来るようです。
Poseを登録する場合は、BlendがInactiveである必要があるそうです。

 

Step4 : どんどんPoseを追加する

Step3の操作を繰り返してPoseを追加してきます。
それだけ。
Poseの数字を変えると、登録した状態を確認できます。

 

Step5: 動かしてみある

Blend PoseウィンドウのBlendの項目をActiveにすると、実際の挙動が見れます。
動かしてみます。

BlendPose_anim

 

でけた!

 

CHOP Networkがでけた

気が付くと、CHOP Networkノードが出来てます。
BlendPose_06

中身!
Shelfからの一連の作業は、このCHOP Networkを作るためのものみたいですね。
以降、調整したい場合は、このCHOPをいじります。
該当パラメータがこれでOverrideされてます。

BlendPose_07

以上!

 

※ドリブンキーをやるなら、BlendPose使わなくとも、chf()エクスプレッション使っても出来るっぽい。
参考:http://forums.odforce.net/topic/18718-what-is-faster-to-evaluate-blendpose-chop-or-chf-function/

関連記事

コメントをお待ちしております

このサイトについて

3DCG Tipsサイト。Houdiniの記事が多めです。

RSS

follow us in feedly

アンケート

記事の難易度についてどう思いますか?

View Results

Loading ... Loading ...

言語切り替え

  • English (United States)
  • 日本語

Archives

  • 2017 (7)
  • 2016 (36)
  • 2015 (64)
  • 2014 (54)
  • 2013 (60)
  • 2012 (54)

スポンサードリンク