No More Retake

3DCG屋さん向けTips&Referenceサイト

メニュー

Adobe Audition:リップノイズを消す方法

Adobe Auditionでリップノイズを消す方法です。バージョンは2020を使用しています。

これで、録音にのってしまったピチャピチャ音も消すことができます。

リップノイズを消す方法として、ここでは2つの方法を紹介します。
ひとつはスポット修復ブラシツールを使う方法。もうひとつはエフェクトメニューの”選択範囲の自動修復”を使う方法です。

スポット修復ブラシツールを使う方法

オーディオファイルの波形を見ると、ここでは下図のようになっています。

このうち、リップノイズは下図の丸で囲った部分です。この部分を消します。

画面左上にある、スポット修復ブラシツールを選択します。

これでリップノイズ部分をなぞると、その部分だけ消えます。

これを用いることで、気になる部分だけをピンポイントで消すことができます。

“選択範囲の自動修復”を使う方法

まず修復する範囲を選択します。
画面左上のメニュー近くにある、長方形選択ツールを選びます。

それで、波形のリップノイズ部分を選びます。

画面上部のメニューから[エフェクト(s)]->選択範囲を自動修復(H)を選びます。

選択した範囲のリップノイズが消えます。

ある程度、広い範囲を修復するのに便利です。

関連記事

  1. 2013.09.09

    toxik:[Rewire]

コメントをお待ちしております

このサイトについて

3DCG Tipsサイト。Houdiniの記事が多めです。

RSS

follow us in feedly

言語切り替え

  • English (United States)
  • 日本語

Archives

  • 2020 (35)
  • 2019 (16)
  • 2018 (33)
  • 2017 (29)
  • 2016 (36)
  • 2015 (64)
  • 2014 (54)
  • 2013 (60)
  • 2012 (55)

スポンサードリンク