No More Retake

3DCG屋さん向けTips&Referenceサイト

メニュー

Maya:『mip_cameramap』ノード


今回は『mip_cameramap』のアトリビュートについて調べてみました。

このノードはカメラから見たプロジェクションマップを実現するノード、とで言いましょうか。

bent_normalの回ではmip_matteshadowと併用して、簡易背景を作るのに使ったりしました。
せっかくなので、bent_normalで使ったシーンファイル↓を元に確認していきたいと思います。

HyperShadeはこんな感じ↓
cameramapを使ってHDR画像を貼り付け、mip_matteShadowで影をキャッチ、その結果をSurfaceShacerに渡すといったことをしてます。案外シンプルですね。
mip_cameramap_02_HyperShade
『mip_cameramap』のアトリビュートは以下の通り。
01_attribute

 

Map

カメラに貼り付けるテクスチャをここにコネクトします。

 

Multiplier

マップの乗数、とはマニュアルの言。
数値を上げると明るくなり、下げると暗くなります。
mip_cameramap_02_Multiplier

 

Degamma

ガンマの調整が必要な場合はここで。注意したいのは”De”gammaということ。
つまり逆ガンマ補正を行うということ。
Maya内ではガンマ調整がものによってはgammnaだったり、degammnaだったり紛らわしい限りです。このあたりは統一してもらいたいものです。

 

Per Pixel Match

OFFの場合、レンダリングサイズに合わせてマップがリサイズされます。
ONの場合、レンダリング画像の左下ピクセルあわせでマップが貼り付けられます。

このシーンではOFFに設定しています。
実はここで使用しているHDRは横長なので、HDR画像の縦横比でレンダリングして切り取っていました。
mip_cameramap_02_Multiplier1

”Per Pixel Match”をOFFにしたままレンダリングの縦横比を変更すると。

背景画像が、横につぶれました。
”Per Pixel Match”がONだと、使用しているHDR画像の大きさそのまま左下あわせで貼り付けです。

 

Transparent Alpha

OFFの場合、テクスチャのアルファチャンネルが使われる。ONの場合はアルファなし。
※上記のHyperShadeにあるような組み方だと、mip_matteShadowのアルファが使われるので、影響ないです

 

Offscreen Is Environment

ONの場合、テクスチャが環境に影響する・・・のかな?

Offscreen Color

”Offscreen Is Environment”がOFFの場合、ここで指定したカラーが環境になる・・・のかな?
上がOffscreen Is EnvironmenがON、下がOffscreen Is EnvironmenがOFFでOffscreen Colorに赤を指定。
mip_cameramap_04_OfScreen01 mip_cameramap_04_OfScreen02

 

 

Mayaは2012の英語版を使用しています。
最新のバージョンとは異なる可能性がありますのであしからず。

参考サイト:ここに載ってる組み方、一回くらいやっとかないとな

http://docs.autodesk.com/MAXDES/13/ENU/Autodesk%203ds%20Max%20Design%202011%20Help/mr/shaders/production/prod_mattecamera.html

関連記事

コメントをお待ちしております

このサイトについて

3DCG Tipsサイト。Houdiniの記事が多めです。

RSS

follow us in feedly

アンケート

あなたはプロのCG屋さんですか?

View Results

Loading ... Loading ...

言語切り替え

  • English (United States)
  • 日本語

Archives

  • 2016 (33)
  • 2015 (64)
  • 2014 (54)
  • 2013 (60)
  • 2012 (54)

スポンサードリンク