No More Retake

3DCG屋さん向けTips&Referenceサイト

メニュー

3dsMax:スキャンラインでAO素材

今回は3dsMax回。
3dsMaxのスキャンラインでAO素材を出力する方法。
教えていただいたので備忘録もかねてです。

サンプルシーンとして次のようなシーンを作成しました。

①:マテリアルは標準マテリアルを使用。

周囲光/拡散反射光を白に設定する。
3dsMaxAO_003

②:スカイライトを一つ作成。

③:レンダラを”規定値のスキャンライン”に設定

レンダリング設定のアドバンスドライティングをライトトレーサーに変更。
3dsMaxAO_0053dsMaxAO_006

④:レンダリングすると↓

3dsMaxAO_002
Vray使える時はVrayのElementsでAO素材を出力すればよいのですが、必ずしも常にVrayが使えるとは限らないので、こういう方法があるのは助かります。

出力される絵はMayaのmib_fg_occlusionのような滑らかな感じでしょうか。
レンダリング速度も速く、結構いいですね。

また、どんな環境でも使えるというわけではなく、室内モデル等では期待する結果が得られないことも。スカイライトの光が届かない環境だとダメなのかな?
3dsMaxAO_0051

また別な方法として、[Quicksilver ハードウェアレンダラー]を使ってAOを出力する方法もあるようです。
以上、3dsmaxのスキャンラインでAO素材を出力する方法でした。
間違い等ありましたらご指摘を。

関連記事

コメントをお待ちしております

このサイトについて

3DCG Tipsサイト。Houdiniの記事が多めです。

RSS

follow us in feedly

アンケート

記事の難易度についてどう思いますか?

View Results

Loading ... Loading ...

言語切り替え

  • English (United States)
  • 日本語

Archives

  • 2016 (33)
  • 2015 (64)
  • 2014 (54)
  • 2013 (60)
  • 2012 (54)

スポンサードリンク