No More Retake

3DCG屋さん向けTips&Referenceサイト

メニュー

toxik:[Tracker]


Toxikノード解説回です。
今回はTrackerノード。その名の通り、トラッキングの際に使用するノードです。
Toxikでのトラッキングの方法については以前ざっくりやったので、今回はノードのパラメータのみ、確認していくことにします。

?Aの領域にから。
Tracker Analyzerってのがトラッキングポイント。”Add”ボタンで追加できる。
Tracker Analyzerの左にある□はアクティブボタン。
1Pointトラッキングの場合は1コ。
2Pointトラッキングの場合は2コ。
4Pointトラッキングの場合は4コ。

Bの領域はそのパラメータ。

Display

Previewボタン ・・・ のっけから何をPreviewするかわかりません。
Zoom ・・・ ここで指定した倍率で、トラッキングポイントを見ることが出来ます。
Color ・・・ トラッキング範囲の枠の色

Analyze

|< < > >| ・・・ トラッキングを開始するときに押します。
Fixed Reference ・・・ 処理早い。
Roaming Reference ・・・ 処理遅いけど、制度高い。
Tolerance ・・・ 値を下げるとキーフレームの打たれ方がざっくりになる。基本100でいいかと。単位は%
Snap ・・・ 押すとReferenceのX/Yにキーフレームが打たれる。

Reference

↑図の実線の範囲についてのパラメータ。

Width/Height ・・・ 幅と高さ
X/Y ・・・ 位置

Track

↑図の点線の範囲についてのパラメータ

Shift

トラッキング結果

 

以上ざっくりTrackerノードについてでした。
勘違い間違い等ありましたらご指摘を。

関連記事:toxik:トラッキングの方法

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

関連記事

  1. 2014.04.07

    AE Tips04 (Maya2AE)
  2. 2013.09.16

    toxik:[Macro]

コメントをお待ちしております

このサイトについて

3DCG Tipsサイト。Houdiniの記事が多めです。

RSS

follow us in feedly

アンケート

記事の難易度についてどう思いますか?

View Results

Loading ... Loading ...

言語切り替え

  • English (United States)
  • 日本語

Archives

  • 2016 (33)
  • 2015 (64)
  • 2014 (54)
  • 2013 (60)
  • 2012 (54)

スポンサードリンク