No More Retake

3DCG屋さん向けTips&Referenceサイト

メニュー

toxik:[Tracker]


Toxikノード解説回です。
今回はTrackerノード。その名の通り、トラッキングの際に使用するノードです。
Toxikでのトラッキングの方法については以前ざっくりやったので、今回はノードのパラメータのみ、確認していくことにします。

?Aの領域にから。
Tracker Analyzerってのがトラッキングポイント。”Add”ボタンで追加できる。
Tracker Analyzerの左にある□はアクティブボタン。
1Pointトラッキングの場合は1コ。
2Pointトラッキングの場合は2コ。
4Pointトラッキングの場合は4コ。

Bの領域はそのパラメータ。

Display

Previewボタン ・・・ のっけから何をPreviewするかわかりません。
Zoom ・・・ ここで指定した倍率で、トラッキングポイントを見ることが出来ます。
Color ・・・ トラッキング範囲の枠の色

Analyze

|< < > >| ・・・ トラッキングを開始するときに押します。
Fixed Reference ・・・ 処理早い。
Roaming Reference ・・・ 処理遅いけど、制度高い。
Tolerance ・・・ 値を下げるとキーフレームの打たれ方がざっくりになる。基本100でいいかと。単位は%
Snap ・・・ 押すとReferenceのX/Yにキーフレームが打たれる。

Reference

↑図の実線の範囲についてのパラメータ。

Width/Height ・・・ 幅と高さ
X/Y ・・・ 位置

Track

↑図の点線の範囲についてのパラメータ

Shift

トラッキング結果

 

以上ざっくりTrackerノードについてでした。
勘違い間違い等ありましたらご指摘を。

関連記事:toxik:トラッキングの方法

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

関連記事

  1. 2014.04.07

    AE Tips04 (Maya2AE)

コメントをお待ちしております

このサイトについて

3DCG Tipsサイト。Houdiniの記事が多めです。

RSS

follow us in feedly

アンケート

どのようなタイプのセミナを好みますか?(複数可)

View Results

Loading ... Loading ...

言語切り替え

  • English (United States)
  • 日本語

Archives

  • 2019 (12)
  • 2018 (33)
  • 2017 (29)
  • 2016 (36)
  • 2015 (64)
  • 2014 (54)
  • 2013 (60)
  • 2012 (55)

スポンサードリンク