No More Retake

3DCG屋さん向けTips&Referenceサイト

メニュー

Houdini:[gl_wireframe]と[gl_lit]

久々更新Houdini回。

マニュアル読んでて、ちょっとおもしろいなと思ったので。
なんでもビューポートに働きかけるDetailアトリビュートがあるそうな。
まず、gl_wireframe。
float型のアトリビュートで、0以外の値の場合、そのオブジェクトはシーンビューで常にワイヤーフレーム表示になるそうな。
やってみた。
単純な球体にwrangleでgl_wireframeというDetailアトリビュートを追加。

すると、シーンビューがシェーディング表示になっていても、そのオブジェクトはワイヤーフレーム表示になる。へ~

 

もうひとつ、gl_litアトリビュート。
float型のアトリビュートで、値が0の場合、そのオブジェクトはライティングなしで表示されるそうな。
やってみた。

さっきのと同様、単純な球体にwrangelでアトリビュートを付与したもの。
シーンビュー見ると、球体から陰影が消えている!
へ~

以上。

間違い等ありましたら、こっそりご指摘を!

関連記事

  1. 2017.04.24

    Houdini:Now Loading
  2. 2016.06.16

    Houdini:Mandelbulb

コメントをお待ちしております

このサイトについて

3DCG Tipsサイト。Houdiniの記事が多めです。

RSS

follow us in feedly

アンケート

ほしい?(複数可)

View Results

Loading ... Loading ...

言語切り替え

  • English (United States)
  • 日本語

Archives

  • 2017 (13)
  • 2016 (36)
  • 2015 (64)
  • 2014 (54)
  • 2013 (60)
  • 2012 (54)

スポンサードリンク