No More Retake

3DCG屋さん向けTips&Referenceサイト

メニュー

Maya:『mi_car_paint_phen_x_passes その2』

『mi_car_paint_phen_x_passes』の続きから。

 

 Flake Parameters

Flakeは顔料の層にある金属片のこと。

Flake Color

Flakeの色。
デフォルトは白。(下のサンプルは”Weight”=5)。
黒の場合はWeight=0と同義かな。

mi_car_paint_17_FlakeColor

Flake Weight

Flakeの強さ。
デフォルトは1.0。
mi_car_paint_18_FlakeWeight

Flake Reflect

Flakeの反射。デフォルトは0。
通常0.1くらいで十分らしい。
あまり高い値は使わないらしい。
mi_car_paint_19_FlakeReflect

Flake Exp

フレークのスペキュラ指数。
値が低いほど広範囲に。
mi_car_paint_20_FlakeExp

Flake Density

フレークの密度。
0.0~10.0くらいの範囲。
mi_car_paint_21_FlakeDencity

Flake Decay

フレークの減衰距離。フェードアウト。0で減衰しない。
1ピクセルより小さいフレーク等、チラツキの原因になるアーティファクトを消したり、レンダリング時間を短くしたりが目的。Decayは衰えるの意。
mi_car_paint_22_FlakeDecay

Flake Strength

フレークの向きの差異・・・これじゃよくわからん。
0でフレークがサーフェイスの向きにそろう。
値が高いほどフレークのランダム感が増す感じか。
有効範囲は0.0~1.0。
(サンプルはFlakeWeight=5とFlakeを強めに設定してあります。)
mi_car_paint_23_FlakeStrenght

Flake Scale

フレークの大きさ。デフォルトは0.12。
(サンプルはフレークを強調してます)
mi_car_paint_24_FlakeScale

 

 

 Reflection Parameters

Reflection Color

反射の色。
mi_car_paint_25_ReflectionColor

Edge Factor

反射のエッジ幅。値が低いほど幅が広くなる。
mi_car_paint_26_EdgeFactor

Reflection Edge Weight

エッジ部分(カメラに対して垂直な面)の反射の強さ。クリアコートは正面よりエッジの方が反射が強い。
(サンプルはEdgeFactorを強めに設定してます)
mi_car_paint_27_ReflectEdgeWeight

Reflection Base Weight

正面の反射の強さ。
mi_car_paint_28_ReflectBaseWeight

Samples

光沢のサンプル数。”Glossy Spread”で光沢をぼかした場合、Samplesの値が少ないとノイズが入る。

Glossy Spread

光沢の量。鏡面は値を小さく。
mi_car_paint_30_GlossySpread

Max Distance

反射の有効距離。値を入れて反射距離を制限することでレンダリング時間の短縮が図れる。mia_materialにもそういうのありましたね。

Single Env Sample

環境マップを最適化するそうな・・・よく分かりません。Onだと環境が一度だけサンプリングされる・・・はず。

 

 Dirt Parameters

Dirt Color

汚れのカラー。

Dirt Weight

汚れの量。
mi_car_paint_31_DirtColor

 

 Advnced Parameters

Irradiance Weight

GI or ファイナルギャザリングの係数。1が標準。
mi_car_paint_32_IrradianceWeight

Global Weight

反射と汚れ以外に作用する全体の係数。
mi_car_paint_33_GlobalWeight


 

以上、パラーメータの確認はここまで。

mi_car_paint_phen_x_passesにはBumpノードがないので、Bumpを実装する場合は、”bumpCombiner“もしくは”mia_material“を使ったりするとBumpが実装できるようです。

以上、mi_car_paint_phen_x_passesについて2回にわけてお送りしました。
間違い、勘違い等ありましたら、ぜひご指摘を。
ではまた。

Mayaは2012の英語版を使用しています。
最新のバージョンとは異なる可能性がありますのであしからず。

関連記事

コメントをお待ちしております

このサイトについて

3DCG Tipsサイト。Houdiniの記事が多めです。

RSS

follow us in feedly

アンケート

あなたはプロのCG屋さんですか?

View Results

Loading ... Loading ...

言語切り替え

  • English (United States)
  • 日本語

Archives

  • 2016 (33)
  • 2015 (64)
  • 2014 (54)
  • 2013 (60)
  • 2012 (54)

スポンサードリンク