No More Retake

3DCG屋さん向けTips&Referenceサイト

メニュー

Houdiniレシピ:シミュレーションを再開する

今回は、シミュレーションを途中から再開する方法です。

これを使えば、エラー等でシミュレーションが止まった場合でも、最初からやり直しせずにすみます。

途中からシミュレーションをするには、”シミュレーションキャッシュ”というものが必要です。
DOP Networkノードに設定項目があります。

1:シミュレーションキャッシュを有効にする
DOP Networkにある、”Cache Simulation”を有効にします。

2:シミュレーションキャッシュを保存する。
“Save Checkpoints”を有効にします。
“Checkpoint File”でシミュレーションキャッシュの保存先が指定できるようになるので、
任意の名前で保存しておきます。
(このSave Checkpoints”の項目はH13では”Explicit Cache”という名前でした)

Houdini_ContinueSIM_001

3:保存ファイル数の設定をする。
●Checkpoint Trail Len…:保存するキャッシュファイル数。
●Checkpoint Interval:は保存するフレーム間隔。

“Checkpoint Trail Len…”の項目で、保存するシミュレーションキャッシュの数を指定します。
ここで指定したフレーム数分のキャッシュファイルを履歴として保存します。
例えば、”Checkpoint Trail Len…”=5、と設定すれば、現在のフレームより5フレーム前までシミュレーションキャッシュが保存されます。
それ以前のフレームのキャッシュは随時削除されます。
すべてのフレームのキャッシュを保存するとディスク容量を圧迫してしまうので、こういう対処だと思われます。
ちなみに、すべてのフレームのキャッシュを保存したい場合は、”Checkpoint Trail Len…”=0にします。

これで、シミュレーションキャッシュが保存されました。

シミュレーションを途中から再開する場合は、
1:DOP Networkノードの”Initial State”の項目に再開したいフレームのシミュレーションキャッシュを指定。

2:Start Frameを再開したいフレームに変更。

3:シミュレーションを再開

Houdini_ContinueSIM_002

これでOK。

ちなみに、Inital Stateに任意のフレームのシミュレーションキャッシュを指定し、Start Frame=1のままにすると、それはシミュレーションの初期状態を設定することと同義です。

 

今回はここで御開き!
では、また次回!

 

参考
http://pepefx.blogspot.jp/2014/05/houdini-explicit-cache.html 

関連記事

  1. 2017.08.17

    Houdini:MoebiusRing
  2. 2015.11.09

    Houdini:Blend Pose
  3. 2015.12.18

    Houdini:Marble Ball
  1. Jiang 2017.01.06 5:56pm


    助かりました!ありがとうございます!

    • 0
    • 0
    • kitagawa 2017.01.06 6:04pm


      お役に立てたようでなによりです。

      • 0
      • 0

このサイトについて

3DCG Tipsサイト。Houdiniの記事が多めです。

RSS

follow us in feedly

アンケート

ほしい?(複数可)

View Results

Loading ... Loading ...

言語切り替え

  • English (United States)
  • 日本語

Archives

  • 2017 (17)
  • 2016 (36)
  • 2015 (64)
  • 2014 (54)
  • 2013 (60)
  • 2012 (54)

スポンサードリンク